ゆったりした入浴はかえってお肌を乾燥させる

夏はシャワーで済ます人も、冬はゆっくり温かいお湯につかってという人は多いと思います。お風呂上りの潤いが魅力ですし、なにより身体が心から暖まるのがお肌の手入れには欠かせません。

身体があたたまると毛穴が開き、皮脂の分泌が活発になります。皮脂はお肌の乾燥を防ぐバリアの役目もあります。
ところが、お肌にいいはずの入浴ですが、間違った入浴法はかえってお肌を乾燥させてしまうのです。

あなたは知っていましたか?~間違いだらけの入浴法

  • 湯船につかる前に身体をきれいに洗っている
  • なるべく長い時間湯船につかっている
  • お風呂に入るたびに垢こすりをやっている

入浴法は小さいころからの習慣もあるので、あまり疑問に思わずNG入浴法をやっていることもあります。

湯船につかる前に身体をきれいに洗っている

身体を洗う前に湯船に入るとお湯が汚れてしまう、ということで先に身体を洗うことが習慣になっている人もいますが、身体が温まる前にゴシゴシ洗うと、角層を傷めてしまい乾燥肌の原因を作ってしまいます。

先に湯船につかり身体を温めると、肌も柔らかくなり毛穴も開いてデトックス効果も生まれます。

なるべく長い時間湯船につかっている

湯船に長い時間つかる方が身体もあたたまり、血行がよくなり体内の老廃物質の排出も促進します。ところが、長い時間つかっていると皮膚の中の保湿成分であるセラミドが流出しやすく、かえって逆効果です。
理想的には40℃~41℃ぐらいで10分間、疲れがたまっているような時は42℃の熱めにして10分間つかると、ヒートショックプロティンが多くなり、免疫力が高まったり傷んだ細胞の回復が早くなるという効果もあるようです。

お風呂に入るたびに垢こすりをやっている

身体の汚れを落とすには石鹸やボディウォッシュをよく泡立てて、やさしくマッサージするような感じで洗うのが理想です。ナイロンタオルなどでゴシゴシするのは絶対にいけません。垢こすりのように何もつけずに肌をこするのはかえって悪いことです。

ページの先頭へ