乾燥しやすい冬のお肌~こんなことに注意しましょう

冬は空気が乾燥しやすくお肌の手入れも念入りにしないと、いろいろトラブルがおきてきてガサガサお肌になっていまいます。

お手入れをしっかりやっているつもりなのに、なかなか乾燥肌が良くならない。そんな時には、もしかしたらお手入れの方法が間違っているのかも知れません。

間違った冬のスキンケア-ベスト3

  • あたたかいお湯で洗顔している
  • 洗顔した後にすぐ乳液をつけている
  • 洗顔した後は化粧水をたっぷりつけている

あたり前のように思えるのですが、実は間違ったお手入れの代表例がこの三つです。

「あたたかいお湯で洗顔している」が間違いのわけ

冬はお水も冷たいので、洗顔するお湯はあたたくしてしまいます。その方が汚れも落ちやすく思えるし、心地よいお湯の温度がお肌を温めてくれ、しっとりとするような気になるからですが、実はこれが間違いなのです。

お湯の温度が高いと、洗顔後のお肌から水分が蒸発して、かえって乾燥しやすくなります。
洗顔するお湯の温度は30度ぐらいまでです。

「洗顔した後にすぐ乳液をつけている」が間違いのわけ

洗顔後に乳液をつけるのは保湿の為には大切なことです。乳液などの油分は、角層に含まれている水分を閉じ込める為の蓋のような役割があります。
お肌の潤いを保つためには、水分が充分に表皮に入っていなければなりません。その為に、洗顔後は化粧水を皮膚に染みこむようにつけて、そのあとに乳液などで蓋をすると乾燥を防いでしっとりとしたお肌を保つことができるのです。

「洗顔した後は化粧水をたっぷりつけている」が間違いのわけ

上に書いたように洗顔後に化粧水をつけるのは大切なことです。
乾燥しやすい冬の時期は充分すぎるぐらい化粧水をたっぷりと使うことも多いでしょう。ところが、化粧水をつけたままでは何にもなりません。やはり、蓋の役割である油分をつけて完了になります。

ページの先頭へ